タイツリソウ 育て方

初心者ガーデナー必見!3分でわかる「タイツリソウ育て方のコツ」

  • 2022年4月18日
  • 2023年11月15日
  • 植物
  • 1662view
ガーデンかえるの疑問。

「ハートが連なっているように咲いている、タイツリソウってかわいいよね」

「タイツリソウを育てるのは難しいのかな?」

気になることが放っておけない、ガーデンかえる君の疑問にお答えしていきます。

 

しなった釣り竿にハート型の花が、ぶら下がったように咲くタイツリソウ。
ガーデナーの庭には欠かせない人気の植物です。

 

ガーデン作りをはじめたころに、我が家でも真っ先に手に入れた植物のひとつ。

 

「不思議な形をしたタイツリソウが気になっていた」
という方もいるかもしれませんね。

 

今回は、存在感と魅力たっぷりの「タイツリソウの育て方」について紹介します。

 

 

勇魚(いさな)

じつは、タイツリソウを増やしたことがないんだよね。

増やし方についても一緒に勉強していくね!

 

 

ガーデンかえる
「タイツリソウ」お庭中に増やして欲しいから、しっかりとリサーチしてね。

 

 

タイツリソウ育て方のポイント

タイツリソウ 育て方
不思議な形をしているタイツリソウは、育てるのが難しそうなイメージですよね。

 

意外なことに、タイツリソウは手間がかからず、カンタンに育てられる植物です。
育て方のポイントを紹介していきましょう。

タイツリソウ育て方のポイント

スクロールできます→↓

タイツリソウ育て方
日当たり ●日当たりを好む
●強い日光を遮光する落葉樹の根元がベスト
水やり ●乾燥を嫌うのでたっぷり与える
肥料 3月、9月頃に緩効性肥料
用土 ●市販の草花用培養土
●赤玉土(小粒)、腐葉土、緩効性肥料
植え付け時期 ●2月~3月
増やし方 ●株分け
●挿し木
病気・害虫 ●アブラムシ
●ヨトウムシ

 

 

ポイント1:【日当たり】

タイツリソウは日当たりを好む植物です。

 

ところが、初夏から夏にかけての強すぎる陽射しは得意とはしません。
日焼けの原因になったり、枯れてしまったりと、休眠状態になってしまうことがあります。

 

落葉樹の下に植えて、強い陽射しを遮光する環境を作ってあげましょう。

 

 

 

勇魚(いさな)

我が家ではスモークツリーの根元に植えているよ。

環境が合ったのか、どんどん成長しているんだよね。

 

 

ポイント2:【水やり】

乾燥を苦手とするタイツリソウ。水やりは、”たっぷり”を意識しましょう。

 

特に夏場は注意が必要です。
完全に地上部が枯れる秋頃までは、土が乾いていたら、”たっぷり”と水をあげるようにしてくださいね。

 

 

ガーデンかえる

なるほど!

タイツリソウの近くにいれば、ボクも干からびないってことだね。

 

 

ポイント3:【肥料】

タイツリソウへ肥料を与えるタイミング『芽がでるまえ』と『花が終わったあと』がベストです。

 

目安としては3月と9月
緩効性肥料を土の表面にばらまくだけのカンタンなお手入れですよ。

 

 

 

 

 

 

勇魚(いさな)

タイツリソウの育て方で注意するのは「日当たり・水やり・肥料」

そこさえ注意すれば、初心者でもカンタンに育てられるよ。

 

 

タイツリソウの植え付け

タイツリソウ 育て方

 タイツリソウの植え付けには、どんな場所が適しているのでしょうか。

おすすめの用土も一緒に紹介していきます。


地植えと鉢植えどっちがいいの?

タイツリソウを育てるなら、庭へ地植えにするのがおすすめです。

 

タイツリソウは、根が深く伸びる性質があります。
鉢植えで育てるには、深い鉢を選ばなければいけません。

 

また、鉢植えの場合「根詰まり」や水のあげすぎによる「根腐れ」にも気を配りましょう。

 

庭に地植えにするなら、湿度のある落葉樹の根元に植えるのがポイント。
根を張りめぐらせ、よく育ってくれるはずです。

 

 

ガーデンかえる

鉢植えで育てると、水切れの心配から多くあげすぎちゃうよね。

「水切れ・根腐れ」もダメだと・・・加減が難しいね。

 

 

Point:「タイツリソウの植え付けの敵期」

●2月~3月の芽がでる前

 

 

おすすめの用土

水はけのよい土を好むタイツリソウは、市販の草花用培養土で充分に成長します。

 

オリジナル配合で作りたいという方は、赤玉土(小粒)6~7、腐葉土4~3の割合でベースを作り、緩効性肥料を少し入れてよく混ぜ込みます。

 

地植えにするときは、土を盛り高さをだして植え付けましょう。

根を深くはって元気に成長してくれます。

 

 

勇魚(いさな)
根を深く張らないと、あの”たわわ”な状態を支えられないのかもしれないね・・・

 

 

ガーデンかえる

確かに!

あっちこっちで釣りしてるみたいに、しなって咲いてるもんね。

 

 

タイツリソウを増やす方法

タイツリソウ 育て方

タイツリソウを増やす方法は2つあります。ぜひ、ガーデン中にタイツリソウを増やしてみましょう!


①株分け

植え付けと同じタイミングでタイツリソウの株分けをしましょう。

 

太い根を傷つけないように注意しながら、自然に分かれているところを探します。

芽が2~3個ついているところを、清潔なハサミやナイフで切り分けます。

 

このとき注意したいのは「あまり細かく切り分けない」ということです。

 

 

勇魚(いさな)
細かく切り分けすぎると、芽がでてこないことがあるんだって。

 

 

②挿し木

タイツリソウの挿し木は3月~4月の新芽が出てくる前に行います。

 

太い丈夫な根を選び、3cmほどにカットしてください。
その後、肥料を含まない用土へ挿すだけです。

 

 

勇魚(いさな)
挿し木っていうより、挿し根なんだね・・・

 

 

タイツリソウが気をつけたい病気や害虫

タイツリソウ 育て方

タイツリソウは病気の心配がほとんどありませんが、気をつけたい害虫がいます。


 アブラムシ

アブラムシは新芽やつぼみの先につき、吸汁して株を弱らせます。

繁殖力も強く、病気を媒介するので見つけたら早めに薬剤で対処しましょう。

 

 

勇魚(いさな)
暖かい地域だと、1年中注意が必要な害虫だよ。

 

 

ガーデンかえる
ボクにまで薬剤ふりかけないでよね。

 

 

 

 ヨトウムシ

年に2回ほど発生するヨトウムシは、ヨトウガの幼虫です。

昼は土の中に隠れ、夜になると一斉に出てきて葉を食害します。
葉が食べられていないか、こまめに葉裏もチェックしましょう。

 

 

勇魚(いさな)
寝ている間に出てきてるかと思うと・・・気持ち悪いよね。

 

 

ガーデンかえる

ボクが夜のパトロールしておくよ。

見つけたらペロっとしちゃう。

 

 

勇魚(いさな)

えっ!

食べちゃうの?
ガーデンかえる君のこと嫌いになちゃいそう。

 

 

 

タイツリソウの豆知識

タイツリソウ 育て方

ここからはタイツリソウのちょっとした豆知識をご紹介します。

覚えておいて損はないですよ。


タイツリソウの豆知識

【豆知識1】タイツリソウは消えてしまう

タイツリソウは、秋頃になると地上から姿を消してしまいます。

 

「育て方が悪いから消えてしまったの?」
と不安に思う方もいるかもしれません。

 

タイツリソウの地上部が枯れても、根は生きているので安心してください。

翌年の春には、芽がニョキニョキと顔をのぞかせてくれますよ。

 

 

芽を出しはじめたタイツリソウ

 

 

勇魚(いさな)

毎年その瞬間は感動するよ。

芽を出し始めてからの急成長に驚くんだよね。

 

 

ガーデンかえる
植物のある暮らしって感動の連続なんだね。

 

 

【豆知識2】タイツリソウの根は生育旺盛

タイツリソウは、根の生育スピードが早い植物です。

 

「花が咲かない」

「株に元気がない」

 

というときには、根詰まりを起こしている可能性があります。

 

地植えの場合でも2~3年、鉢植えの場合は1~2年で植え替えが必要です。

 

 

ガーデンかえる

タイツリソウってわんぱくなんだね。

見習わなくっちゃ。

 

 

【豆知識3】タイツリソウには毒がある?!

タイツリソウは別名「ケマンソウ」とも呼ばれる山野草で毒があります。

 

とくに、葉や根茎に「ビククリン」「プロトピン」の成分が含まれます。

間違えて食べてしまうと、嘔吐・下痢・呼吸不全・心臓麻痺の症状を引き起こすので注意しましょう。

 

 

勇魚(いさな)
ガーデンかえる君、ヨトウムシ食べるなら気をつけなきゃ危ないよ。

 

 

ガーデンかえる

え、ヤダ。

毒があるならやめとく。
それに、ヨトウムシ食べたら嫌われそうだし・・・

 

 

 

まとめ

タイツリソウは、コツを掴めば育てやすい植物です。
ぜひ、憧れのガーデナーのお庭を目指して育ててみましょう!



タイツリソウ育て方のまとめ

 

タイツリソウは日当たりを好み、乾燥を嫌う植物です。
水やりを注意すれば、初心者でもカンタンに育てられます。

●タイツリソウの根は深く成長するので、地植えにするのがおすすめ。

●病害虫の少ないタイツリソウですが、毒があるので注意しましょう。

 

タイツリソウ 育て方

 

 

 

ガーデンかえる

タイツリソウのこと詳しくなっちゃった。

株分けで増やして、お庭を可愛くしていってね。

 

 

 

タイツリソウ 育て方
「心地よい暮らしと時間」ブログの最新情報をチェック!