1月 ガーデニング

「1月のガーデニングは大忙し?!」寒さに負けずに庭へ出かけよう!

  • 2022年12月28日
  • 2023年2月28日
  • 植物
  • 229view

 

ガーデンかえるの疑問。

「1月の寒い時期はガーデニングもお休みなの?」

「1月のガーデニング作業の楽しみ方を教えてほしいな」

 

 

気になることが放っておけない、ガーデンかえる君に疑問がわいてきました。

 

寒さが日ごとに増し、色のない世界が広がる1月のガーデン。

 

「春までガーデニングもお休みかぁ」と、残念に思っている人も多いでしょう。
ところが、冬のガーデン作業はゼロではありません。

 

冬の寒い時期にやる庭仕事や、1月ならではの作業もあるからです。
なにより、寒い季節にしか楽しめない植物もありますよね。

 

この記事では、「1月のガーデニング作業」と「冬の楽しみ方」を紹介します。
お正月太りを解消するべく、ガーデンへ積極的に足を運んでみましょう!

 

 

勇魚(いさな)
寒い日は無理せず、お天気のよい日にガーデンへ行くのがポイントだよ。

 

 

 

ガーデンかえる

ずっと冬眠したままだと、お日様が恋しくなるんだ。

ぼくもガーデンに遊びに出てみようかな?

 

 

 

myガーデンのスケジューリングをしよう!

1月 ガーデニング
真新しい気持ちの1月に、年間のガーデンスケジュールをたてましょう。

 

理想のガーデンへ近づけるためには、「どの季節になにをするか」を決めておくのが大切。

細かくスケジューリングする必要はありません。

 

メモ書き程度で、気軽に楽しみながらつくってみてくださいね。

 

 myガーデン 年間作業メモ 

  • 作業内容(肥料、切り戻し、花がら摘み、樹木の剪定、果樹の収穫)
  • 種まきの時期
  • 欲しい植物&買う時期
  • 植物の植え付け&植え替え
  • ガーデンのイメチェン計画
  • 雑草対策

    ガーデンかえる
    ガーデンの作業って、たくさんあるんだね。

 

 

 

 

勇魚(いさな)

そうなんだよ。

やる作業をすべて書き出して、
それから月ごとにスケジューリングしてみてね。

 

 

 

1月のガーデニング|4つの作業

1月 ガーデニング1月のガーデニング作業4つを、具体的に紹介していきます。
ぜひチェックしてみてくださいね。

1月のガーデニング作業
  1. 防寒対策のチェックをする
  2. 土づくりにチャレンジする
  3. 寒肥をあたえる
  4. 剪定をして春にそなえる

 

防寒対策のチェックをする

寒さに弱い植物を守るためには、防寒対策のチェックが欠かせません。

 

強風や降雪など、冬の気候は変化の連続。
大切に育てている植物が枯れてしまうわないように、施した防寒対策に変化がおきていないかチェックしましょう。

 

弱っている植物がいたら、軒下や室内へ移動するのも大切な作業です。

 

 

 

勇魚(いさな)
強風で、不織布や寒冷紗が吹き飛ばされていることもあるよ。

 

 

 

 

ガーデンかえる

バークチップありがとう。

土の中まで、ほんのり暖かくなるから、植物もぼくも助かるよ。

 

 

土づくりにチャレンジする

理想的なフカフカの土壌にしたい人は、冬に「天地返し」を行いましょう。

 

土の中に酸素を取り入れ、病原菌や害虫を寒風にさらして駆除する「天地返し」
真冬の寒さの中、重い腰をあげて行うには、少し勇気がいる作業ですよね……

 

晴れた日に、思い切ってガーデンへ飛び出しましょう!

土をひっくり返すように深く耕し、ひと冬寒風にあてておきます。
春にはフカフカの土ができているので、ぜひ一度「試してみる価値」ありですよ。

 

 

 

ガーデンかえる
お正月太り解消法のひとつにいいね!

 

 

寒肥をあたえる

1月のガーデンには、遅効性の有機肥料を寒肥としてあたえるのがおすすめです。

 

“ゆっくり、じっくり”分解される有機肥料。休眠期の植物にあたえるのがポイントです。
冬の間に栄養分をしっかりとため込んだ植物は、春から大きく成長してくれるでしょう。

 

まずは、根から少し離れたところへ、10~20cm程の穴を数カ所掘ります。
「油かす・腐葉土・堆肥」などをお好みで選び、土と共ににすき込むだけでOK。
春からの成長に注目しておきましょうね。

 

 

 

勇魚(いさな)
根に肥料が触れると、枯れてしまうこともあるから要注意だよ。

 

 

剪定をして春にそなえる

冬の休眠期は、落葉樹の剪定ベストシーズンです。

 

葉が落ちて、枝の樹形があらわになっているので、バランスが悪かったり、混み入ったりしている部分がわかりやすいでしょう。

 

剪定する際のポイントは3つ。

 

 myガーデン 剪定のポイント 
  1. 日当たりがよくなるように剪定する
  2. 風通しがよくなるように剪定する
  3. 徒長、バランスが悪い枝を剪定する

 

自分の思い描く理想の樹形へ整えて、春を迎えましょう!

 

 

 

ガーデンかえる

はじめての剪定は緊張するよね。

ポイントが3つだけなら、なんとかなりそう。

 

 

 

勇魚(いさな)
樹の足元も忘れずに剪定してね!

 

 

1月のガーデニングを楽しむコツ

1月 ガーデニング

花の少ない季節の1月に、ガーデニングを楽しむコツを紹介します。


冬にしか咲かない花を楽しむ

ガーデニングの醍醐味は、暖かい季節だけのものではありません。

 

冬にしか咲かない花の”繊細な美しさ”や、思わず頬が緩んでしまう”かわいらしさ”を楽しめるからです。

 

真冬の寒さの中で咲く花々から、“1月のガーデニングを楽しむコツ”を教えてもらいましょう!


クリスマスローズ

冬を代表する花のひとつ”クリスマスローズ”
ガーデニング好きなら、知る人ぞ知る植物ですよね。

可憐な姿の原種「ヘレボルス・ニゲル」のほか、品種改良で多くの種類から選べるのも魅力。

 

秋頃から販売されるクリスマスローズですが、開花しているものが少ないという難点があります。

 

1月以降は開花苗も多くなり、実際の花色や形を見て選べるベストシーズン。

1月のガーデニングを楽しむために、クリスマスローズを選びに行きましょう。

 

 

関連記事

  ガーデンかえるの疑問。 クリスマスローズってどんな花? クリスマスローズって種類はたくさんあるの?   ガーデン好きの人なら誰でも知っている「クリスマスローズ」 […]

「好きな種類が見つかる!」お気に入りのクリスマスローズを育てよう

 

ガーデンシクラメン・原種シクラメン

1月の殺風景なガーデンを華やかに彩る、ガーデンシクラメンと原種シクラメンもおすすめです。

 

シクラメンといえば、”室内の窓際”のイメージが定着していますが、ガーデンシクラメンと原種シクラメンは耐寒性があります。

 

ただし、品種によってはさほど耐寒性が強くない品種もあるので要注意。

 

 ガーデン&原種シクラメン【耐寒性】

  • ガーデンシクラメン:0~-5℃ほど
    軒下など、寒さに慣らして植え付ける。
    生育適温は5℃なので、防寒対策が必要。
  • 原種シクラメン:-15℃ほど
    とくに、「ヘデリフォリウム」「コウム」が強い。

 

 

 

勇魚(いさな)
原種シクラメン「コウム」をガーデンに増やすのが夢だよ♪

 

 

 

パンジー・ビオラ

ひときわ目を引く、鮮やかな色の「パンジー」と「ビオラ」は、愛好家が多い冬のお花です。

 

その可愛らしい花姿とは対照的に、耐寒性の強さが特徴。

-10℃ほどまで耐えられる、タフさを持っているそうですよ。

 

とはいうものの……春先まで楽しむために、霜や雪の防寒対策は欠かせません。

しっかりとお手入れをして、1月のガーデニングを楽しみましょうね。

 

 

ガーデンかえる

可愛らしいのにタフって、いいね。

ぼくの目指すところと同じだよ。

 

 

 

まとめ

1月 ガーデニング意外にも、1月のガーデニング作業はあなどれないことがよくわかりました。


 

 

勇魚(いさな)

寒い日は、無理に作業しないでね。

体調を崩したら、ガーデニングも楽しめないよ。

 

 

【1月のガーデニング】まとめ
勇魚(いさな)
コメント
  1. myガーデンのスケジューリングをしよう!
  2. 1月のガーデニング作業「防寒対策・土作り・寒肥・剪定」をしよう。
  3. 1月(真冬)にしか楽しめない花を育てよう。
  4. 真冬に咲くお花を撮影したり、飾ったりして「おうち時間」を楽しみましょう♪
  

 

 

 

ガーデンかえる

1月でもガーデニングは楽しめるんだね!

ぼくは春まで眠っているけどね……

 

 

1月 ガーデニング
「心地よい暮らしと時間」ブログの最新情報をチェック!